2010年05月27日

雑記帳 相続問題を落語で(毎日新聞)

 落語を切り口に、相続問題を司法書士が解説するセミナーが22日、大阪市内であり、上方落語家の桂茶がまさん(49)が創作落語「遺言」を披露した。

 「嫌われがちな話を身近にしたい」と、司法書士の古宮努さん(40)が茶がまさんに弟子入り。掛け軸や茶わんの相続を思案する男のこっけい話を2人で作った。

 子ども3人への相続割合に悩む86歳の女性は、異色コンビの落語と解説に大笑い。遺言作成にも前向きで「あの世に行ってからも笑っていたい」。【青木絵美】

小沢氏、参院選へ支持要請=郵政法案成立を約束、局長総会出席(時事通信)
連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題(読売新聞)
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)
元後藤組組長、逆転有罪=ビル所有権虚偽登記―東京高裁(時事通信)
沖縄県民説得へ努力=前原担当相(時事通信)
posted by オダジマ ヨシオ at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)

 宝石鑑定会社大手「全国宝石学協会」(全宝協、東京都)が、ダイヤモンドのカラー(色)ランクをかさ上げ鑑定していたとされる問題で、全宝協が加盟する業界団体「宝石鑑別団体協議会」(東京都)は21日、都内で緊急理事会を開き、全宝協が提出した退会届を受理した。退会理由は「疑惑を持たれる内部文書を作り、流出させた」など。協議会は全宝協が鑑定した一部ダイヤを依頼があれば再鑑定することを決めた。

 緊急理事会で全宝協の高橋夏樹社長らから事情を聴いたところ、協議会などが定めたカラー評価を統一する基準石より「1〜半ランク、カラレス(透明側)へ修正」とする内部文書を作成したことを認めたという。

 再鑑定の対象は、かさ上げがあったとされる07年2月〜08年10月の日付入り鑑定書が付いたダイヤ。協議会は全宝協に、鑑定書固有のシリアル番号の提出を求めた。【反田昌平】

<東北道>昨年9月の8人死傷事故 団体職員を書類送検(毎日新聞)
<将棋>名人戦第4局 羽生一気に防衛か、三浦意地の1勝か(毎日新聞)
鳩山政権打倒へ野党共闘 野党5党の幹事長会談で(産経新聞)
日韓首脳が電話会談(時事通信)
防衛省キャリア技官採用試験、出題ミス3問(読売新聞)
posted by オダジマ ヨシオ at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。